Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki



vpopmail

qmailを使用し、vpopmailを合わせて使用することがあったのでメモ。
qmailについては
qmail_ディレクトリ構造、設定項目など
qmail_インストール

上記を参考に。

環境

OS:CentOS5.5(32bit)
vpopmailバージョン:vpopmail-5.4.32
DL_URL:http://www.inter7.com/index.php?page=vpopmail


インストール

ユーザ、グループの作成

# groupadd -g 89 vchkpw

# useradd -g vchkpw -u 89 vpopmail
(89と言う数字は予約番号らしいのだが、管理出来るのであれば任意の数字でOK
http://www.marronkun.net/linux/mail/qmail_000032.html)

(/usr/local/srcにて)

# tar zxvf vpopmail-5.4.32.tar.gz

# cd vpopmail-5.4.32

# ./configure
以下、configureの結果
デフォルトで(prefixをしなくても) /home配下にvpopmailディレクトリが出来上がる

           vpopmail 5.4.32           
            Current settings
---------------------------------------

vpopmail directory = /home/vpopmail
 domains directory = /home/vpopmail/domains
               uid = 89
               gid = 89
     roaming users = OFF --disable-roaming-users (default)
 password learning = OFF --disable-learn-passwords (default)
     md5 passwords = ON  --enable-md5-passwords (default)
      file locking = ON  --enable-file-locking (default)
vdelivermail fsync = OFF --disable-file-sync (default)
     make seekable = ON  --enable-make-seekable (default)
      clear passwd = ON  --enable-clear-passwd (default)
 user dir hashing  = ON  --enable-users-big-dir (default)
address extensions = OFF --disable-qmail-ext (default)
          ip alias = OFF --disable-ip-alias-domains (default)
   onchange script = OFF --disable-onchange-script (default)
     domain quotas = OFF --disable-domainquotas (default)
       auth module = cdb --enable-auth-module=cdb (default)
          auth inc = -Icdb
          auth lib = 
  system passwords = OFF --disable-passwd (default)
        pop syslog = show only failed attempts --enable-logging=e (default)
      auth logging = ON  --enable-auth-logging (default)
      spamassassin = OFF --disable-spamassassin (default)
          maildrop = OFF --disable-maildrop (default)

# make

# make install-strip

configurebについて
色々なサイトやマニュアルに紹介されているが、一番参考になったのが、以下だった。
http://www.kuri3.net/modules/bwiki/index.php?VpopMail

自分の場合はvpopmailでどのようなことが出来るのかをテストしただけなので、オプション指定はなし。

以上で、特にハマることもなくインストール完了。

vpopmailを使用する

vpopmailはインストールしただけでは当然使用出来ない。
qmailの起動スクリプトの中でvpopmailを呼んであげるようにスクリプトを編集してあげる必要がある。

上記のスクリプトを参考に起動させると、問題がなければpopをListenするようになる。

以下のリンク先にて仮想ドメインの作成、ユーザ管理など普段使用するコマンドをメモ。

その他

vpopmailがうまく連携されて、仮想ドメインを作成できると、vpopmail経由で以下のデータが作成(追加)される。

また仮想ドメインを削除すると、ここのデータは削除される。

# cd /var/qmail/control

# more rcpthosts
foo.com

# more virtualdomains
foo.com:foo.com

# cd /var/qmail/users

# more assign

+foo.com-:foo.com:89:89:/home/vpopmail/domains/foo.com:-::

参考URL

http://www.kuri3.net/modules/bwiki/index.php?VpopMail
http://www.marronkun.net/linux/mail/qmail_000032.html
http://yoshinba.qp.land.to/index.php?%B5%AF%C6%B0%A5%B9%A5%AF%A5%EA%A5%D7%A5%C8
http://tech.hitsug.net/?CentOS/qmail%20%2B%20vpopmail/vpopmail%20%E8%A8%AD%E5%AE%9A


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:03:17 (702d)