Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

# cat snmpd.conf| grep -v ^# | grep -v ^$

com2sec MYnetwork localhost   private
com2sec MYnetwork 192.168.1.0/24   public
group MYGroup v1        MYnetwork
group MYGroup v2c       MYnetwork
group MYGroup usm       MYnetwork
view    monitorview    included   .1
access  MYGroup ""      any       noauth    exact  monitorview none none
exec chk_http_busy /usr/local/sbin/chk_http_busy.sh
exec chk_mem /usr/local/sbin/chk_mem.sh httpd
disk /
proc vsftpd
proc sshd
proc syslogd
proc crond
proc snmpd
proc snmptrapd
proc ntpd
proc httpd

TIPS:
exec chk_http_busy /usr/local/sbin/chk_mem.shの項目について
自分で作成したスクリプトはOIDを指定することで使用可能。
OIDの指定は上から順番に
".1.3.6.1.4.1.2021.8.1.101.1"
".1.3.6.1.4.1.2021.8.1.101.2"~、と順番に増えていく。

正しい値が取得できているかは実際にsnmpwalkを叩いてテストしてみる。
例)

# snmpwalk -v 1 -c private localhost .1.3.6.1.4.1.2021.8.1.101.2
UCD-SNMP-MIB::extOutput.4 = STRING: 3

chk_mem.shはサーバのメモリ使用率を%に直せる形で作成したスクリプトなので、現在は3%使用していることが分かる。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:13:52 (644d)