Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

pdbedit

ユーザを作成するには、いくつか条件があるが、ここでは、以下の設定ファイルの内容に沿って作成することにする。
(※要はやり方次第でどうとでもなる。)

ユーザ作成

今回はLinuxサーバ上でのユーザのパスワードとsambaパスワードを同期させる方法。
smb.confに以下があることを確認する。
unix password sync yes

まずはサーバ上にアカウントを作成する。

# useradd sambauser

# passwd sambauser
Changing password for user sambauser.
New password:
Retype new password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.

次にsambauserをsambaで使用できるアカウントに登録する。
コマンドはpdbeditを使用する。

# pdbedit -a -u sambauser
new password:
retype new password:
Unix username:        sambauser
NT username:
Account Flags:        [U          ]
User SID:             S-1-5-21-3807760139-2961033922-792889386-1003
Primary Group SID:    S-1-5-21-3807760139-2961033922-792889386-513
Full Name:
Home Directory:       \\hogehoge\sambauser
HomeDir Drive:
Logon Script:
Profile Path:         \\hogehoge\sambauser\profile
Domain:               HOGEHOGE
Account desc:
Workstations:
Munged dial:
Logon time:           0
Logoff time:          Thu, 07 Feb 2036 00:06:39 JST
Kickoff time:         Thu, 07 Feb 2036 00:06:39 JST
Password last set:    Tue, 22 Jan 2013 15:58:50 JST
Password can change:  Tue, 22 Jan 2013 15:58:50 JST
Password must change: never
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

TIPS:
ユーザを作成、編集、削除した場合にはsambaの再起動が必要?
今のところ試していないので不明。

オプション:

-aはユーザを登録するときに指定するオプション。

-uはユーザ名の指定

ユーザの確認

# pdbedit -L
hogehoge:500:

ユーザの削除

# pdbedit -x hogehoge
※確認などが一切ないので、削除するときは注意すること。

参考

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/samba/sambatips01/sambatips1.html
http://www9.samba.gr.jp/project/translation/3.0/htmldocs/pdbedit.8.html
http://www.searchman.info/fedoracore4/sev1070.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:24:44 (644d)