Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

sambaを使用するということはおそらくwindowsが絡んでくると思われる。
実際に自分の環境でも起きた。

sambaの構築、ユーザ作成は以下を参照

windowsからsambaをマウントするコマンド

環境:windows7
コマンドプロンプトを呼び出して以下のコマンドを実行。

>NET USE F: \\192.168.1.1\public\data smbuser /USER:smbuser /PERSISTENT:yes

NET USEコマンドを使用する。
コマンド説明
NET USE :[マウントさせたいドライブ名(使用していないドライブ)を指定] [sambaサーバへのパス] [パスワード] /USER:[作成したユーザアカウント] /PERSISTENT:[永続的なマウント(yes/no)]


注意する点としては、マウントさせるサーバのパスは実際にpublicディレクトリを存在させるわけではなく、smb.cnfで設定した[public]という部分がマウントパスとなる(はず)。


確認

>NET USE

C:\Users\hogehoge>NET USE
新しい接続は記憶されます。


ステータス  ローカル名 リモート名                ネットワーク名

-------------------------------------------------------------------------------
OK           F:        \\192.168.1.1\public\data
                                                Microsoft Windows Network
コマンドは正常に終了しました。

上記のように表示されたらOK。

Linuxからsambaをマウントするコマンド

環境:RHEL6.2

# mount -t cifs -o username=USER,password=PASSWORD \\192.168.1.1\public\data /data


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:25:01 (644d)