Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

#!/bin/sh
#
# qmail: /var/qmail
PATH=/var/qmail/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin

[ -f /var/qmail/rc ] || exit 0

case "$1" in
  start)
    # Start daemons.
    # 2001 qmaild uid
    # 1001 nofiles gid
    echo "Starting qmail."
    csh -cf '/var/qmail/rc &'
    tcpserver -v -u 2001 -g 1001 -x /etc/tcp.smtp.cdb \
    0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd 2>&1 \
    /var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &
    echo
    touch /var/lock/qmail
    ;;
  stop)
    # Stop daemons.
    echo "Shutting down qmail."
    PID=`/bin/ps -aefw | grep qmail | awk '{print $2}'`
    if [ ! -z "$PID" ] ;  then
      /bin/kill ${PID} 1> /dev/null 2>&1
    fi
    echo
    rm -f /var/lock/qmail
    ;;
  *)
    echo "Usage: S99qmail {start|stop}"
    exit 1
esac
exit 0



TIPS:
tcpserver -v -u 2001 -g 1001 -x /etc/tcp.smtp.cdb 0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd 2>&1 /var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &

上記行の2001はqmaildのuidで、1001はnofilesのgidとなっているので注意する。

また、上記のスクリプトは認証が遅いという問題がある。
理由としては、ローカルの逆引きや、リモートの逆引きをしているため。
これをさせないオプションとして、-l0 -Rがある。

    tcpserver -l0 -R -v -u 2001 -g 1001 -x /etc/tcp.smtp.cdb \
    0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd 2>&1 \
    /var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:01:58 (702d)