Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki



qmail設定・説明

設定、構築は以下リンク先

最重要項目

smtpのアクセスをコントロールするdatabaseファイルを作成
/usr/local/bin/tcprules /etc/tcp.smtp.cdb /etc/tcp.smtp.tmp < /etc/tcp.smtp

tcp.smtpファイルには転送を許可するIPアドレスを記入
ここに記述された転送許可は一番強い。
=>他の設定でも同じような設定できるが無条件で優先される。(許可、拒否)



qmail配置

以下、デフォルトでインストールした場合の配置。

/var/qmail
       ┗alias
        | ┗.qmail-mailer-daemon
        | ┗.qmail-postmaster
        | ┗.qmail-root
       ┗bin
        | ┗バイナリファイルなど多数のため別ページで説明
       ┗boot
        | ┗qmailの起動スクリプトなどを設置(省略)
       ┗control(/etc/qmail/へのシンボリックリンク)
        | ┗concurrencylocal
        | ┗concurrencyremote
        | ┗defaultdomain
        | ┗defaulthost
        | ┗locals
        | ┗locals.lock
        | ┗me
        | ┗plusdomain
        | ┗rcpthosts
        | ┗rcpthosts.lock
        | ┗smtproutes
        | ┗virtualdomains
        | ┗virtualdomains.lock
       ┗doc
        | ┗ドキュメントファイルなど
       ┗man
        | ┗manページ
       ┗queue
        | ┗spoolされたメールなどが格納される
       ┗rc
       ┗users
          ┗assign
          ┗assign.lock
          ┗cdb

alias

エラーメールを処理するユーザーである「postmaster」,「mailer-daemon」といったアカウントを利用できるように設定する。
また、qmailではrootがメールを受けるようになっていないので、必要ならエイリアスを設定しておく必要がある。
さらに、defaultを設定しておくことで宛先不明のメールについて一括処理することができる。
sendmail、postfixはデフォルトで/etc/aliasesを見る。

また、ailiasを使用したバウンスメールの受信や、qmail-defaultについては、

以上で少し説明する。


control

制御ファイルとも呼ばれるqmailを操作する部分。
以下はメインとなる部分の説明(設定をするであろう箇所)

制御ファイル規定値参照コマンド
badmailfrom(none)qmail-smtpd拒絶アドレスリスト
bouncefromMAILER-DAEMONqmail-send差戻し管理者名
bouncehostmeqmail-send差戻しホスト名
concurrencylocal10qmail-sendローカル配送多重度
concurrencyremote20qmail-sendリモート配送多重度
databytes0qmail-smtpd受信データ量上限
defaultdomainmeqmail-inject省略時ドメイン名
defaulthostmeqmail-inject省略時ホスト名
doublebouncehostmeqmail-send2重バウンスホスト名
doublebouncetopostmasterqmail-send2重バウンスの宛先
envnoathostmeqmail-sendホスト省略時ドメイン名
helohostmeqmail-remoteSMTP開始ホスト名
idhostmeqmail-injectMessage-IDホスト名
localiphostmeqmail-smtpdIPアドレス対応ホスト
localsmeqmail-sendローカルドメイン名一覧
morercpthosts(none)qmail-smtpd受信ドメイン一覧(2)
percenthack(none)qmail-send%ハック適用ドメイン名一覧
plusdomainmeqmail-inject追加ドメイン名
qmqpservers(none)qmail-qmqpcqmqpサーバリスト
queuelifetime604800qmail-sendキュー最大滞在秒数
rcpthosts(none)qmail-smtpd受信ドメイン一覧
smtpgreetingmeqmail-smtpdSMTP応答用ホスト名
smtproutes(none)qmail-remoteSMTP経路指定
timeoutconnect60qmail-remote接続時待ち時間
timeoutremote1200qmail-remote応答待ち時間
timeoutsmtpd1200qmail-smtpdSMTPデータ待ち時間
virtualdomains(none)qmail-send仮想ドメイン名一覧

defaultdomain

デフォルトのドメイン名を指定する。
指定が無い場合、meファイルの内容が参照る。

# more defaultdomain
hogehoge.com

defaulthost

デフォルトのホスト名を指定する。
指定が無い場合、meファイルの内容が参照される。
メールの発信でドメイン名だけを見せたい場合などは、このファイルでコントロールする。

# more defaulthost
hogehoge.com

locals

qmailがインストールされているサーバのユーザへ直接メールを渡す。

rcpthosts

非常に大切な項目。
転送許可設定をするファイル。
このファイルがない場合はすべて中継許可するとみなされる。
※/etc/tcp.smtpで転送許可したものが最優先で認識されるが、tcp.smtpに書かれていないものはこのファイルを参照する。

# more /vqr/qmail/rcpthosts
localhost
testtest.com

上記の場合localhostとtesttest.comからのメールは転送許可される。

smtproutes

SMTPの静的経路を記述する。
これも実運用すると高い確率で使用するファイル。

# more /var/qmail/smtproutes
hogehoge.com:smtp.anywhere.com

qmailがインストールされたサーバ(ここではhogehoge.com)に hogehoge.com宛のメールが届いた場合にはsmtp.anywhere.comへ転送する、という意味。
また、サーバに届いたメールを完全に転送する場合は以下のように記述する。

# more /vqr/qmail/smtproutes
:smtp.anywhere.com

virtualdomains

複数のドメインをqmailで受信したいときに使用する。
A.com、B.comと複数のドメイン名でメールを受信可能にする。
デフォルトは存在しないので、作成する必要がある。

# more virtualdomains
A.com:testuser
B.com:localuser

詳細は調査中
言い訳:これを使用することよりもvpopを使用することが多いので、これ以上の調査はないかも…。

concurrencylocal(チューニング)

ローカル配送を処理するプロセスの同時起動数の上限を指定
0を指定した際は、ローカル配送は停止される。
通常のqmailのインストールでは120までに制限されている。
デフォルト値は10
MAXを255にしたい場合にはconf-spawnを修正し、再コンパイルする必要がある。

concurrencyremote(チューニング)

リモート配送を処理するプロセスの同時起動数の上限を指定
0を指定した際は、リモート配送は停止される。
通常のqmailのインストールでは120までに制限されている。
デフォルト値は20
MAXを255にしたい場合にはconf-spawnを修正し、再コンパイルする必要がある。

queuelifetime(チューニング)

メッセージがキューにとどまる期間を指定
ファイルを作成して(デフォルトは存在しない)、保存期間(単位は秒)を指定する。
デフォルト値は60万4800秒(1週間)。

timeoutremote(チューニング)

SMTPサーバからの応答を待つ時間を指定
指定した時間が経つと、SMTPセッションを切断し、送信者へエラーを返す。
デフォルト値は1200(秒)。

timeoutsmtpd(チューニング)

SMTPサーバがリモートSMTPサーバからのデータの受信を待つ時間を指定
指定した時間が経つと、SMTPセッションを切断し、送信者へエラーを返す。
デフォルト値は1200(秒)。

その他

参考URL:
http://kcware.rave.jp/pukiwiki/index.php?qmail-control%20%C0%A9%B8%E6%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%B0%EC%CD%F7
http://www.asi.co.jp/techinfo/unix/qmail.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/qmail11/qmail11a.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/qmail06/qmail06b.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:02:31 (639d)