Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

※/etc/ntp.confファイルの内容

###ntp serverとしての機能
# 明示的に許可を与えたコンピュータやネットワークに対してだけ同期できるよう初期化する
restrict default ignore
※デフォルトで全NTPデータを拒否する


# 自分自身に対して無条件のアクセス許可を与える
restrict 127.0.0.1



# 自身のネットワークに属するほかのNTPサーバやクライアントが同期できるようアクセス許可を与える
restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify noquery



# 外部の参照先NTPサーバから時刻を同期できるようアクセス許可を与える
restrict ntp1.jst.mfeed.ad.jp mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery




###ntp clientとしての機能
# 外部参照先NTPサーバを指定する
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp



# ローカル・クロック時刻をほかのNTPサーバやクライアントにも提供できるようにする
server 127.127.1.0
fudge 127.127.1.0 stratum 10

# ドリフトファイルのパス(デフォルト設定のままとする)
driftfile /var/lib/ntp/drift
broadcastdelay  0.008

# 認証キーのパス(デフォルト設定のままとする)
keys /etc/ntp/keys




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:22:20 (644d)