Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

lsyncの構築、説明は↓
lsync_構築



#!/bin/bash
#
# lsyncd
#
# chkconfig: - 99 20
# description: lsyncd auto start script

start() {
    IFS=
    for i in `cat /etc/lsyncd.conf`
    do
        src=`echo $i|awk '{print $1}'`
        dest=`echo $i|awk '{print $3}'`
        remort=`echo $i|awk '{print $2}'`
        /usr/local/bin/lsyncd $src $remort::$dest/
    done
}

stop() {
    /bin/kill -9 `/sbin/pidof lsyncd`
    until [ -z $(/sbin/pidof lsyncd) ]; do :; done
}

case "$1" in
    start)
        start
        ;;
    stop)
        stop
        ;;
    restart)
        stop
        start
        ;;
    status)
        pid=`pidof lsyncd`
        if [ $? -eq 0 ]; then
            echo "lsyncd (pid $pid) is running..."
        else
            echo "lsyncd is not running"
        fi
        ;;
    *)
        echo "Usage: lsyncd {start|stop|restart|status}"
        exit 1
esac

exit $?

TIPS:
lsyncd.confをcatし、必要な部分をawkで渡しているだけのスクリプト。
大事なのは、
/usr/local/bin/lsyncd $src $remort::$dest/
上記の部分の$destの最後に「/」をつけるところ。
これはコマンドで叩いても同じなので注意する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-17 (木) 16:41:09 (644d)