Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki



新たに増設したHDD等をコマンドからext3へフォーマットする。
(SuSEの場合はyastから行った方が便利でわかりやすいのでおすすめ)

増設したHDDが何という名前で認識されたかを調べる

# dmesg |tail

sd 7:0:0:0: [sdc] Assuming drive cache: write through
 sdc: sdc1
sd 7:0:0:0: [sdc] 7819264 512-byte hardware sectors: (4.00 GB/3.72 GiB)
sd 7:0:0:0: [sdc] Write Protect is off
sd 7:0:0:0: [sdc] Mode Sense: 23 00 00 00
sd 7:0:0:0: [sdc] Assuming drive cache: write through
 sdc: sdc1

今回は「sdc」という名前で認識された。



増設ディスクのパーティションを作成する

このままの状態ではパーティションがないので作成する。

# fdisk /dev/sdc

Command (m for help): m         #コマンドを入力する。ヘルプはm。
Command action
  a   toggle a bootable flag
  b   edit bsd disklabel
  c   toggle the dos compatibility flag
  d   delete a partition
  l   list known partition types
  m   print this menu
  n   add a new partition
  o   create a new empty DOS partition table
  p   print the partition table
  q   quit without saving changes
  s   create a new empty Sun disklabel
  t   change a partition's system id
  u   change display/entry units
  v   verify the partition table
  w   write table to disk and exit
  x   extra functionality (experts only)
Command (m for help): n         #sdcに対してパーティションを追加する
Command action
  e   extended
  p   primary partition (1-4)
p                               #p(プライマリを選択) 
Partition number (1-4): 1       #1〜4の間でパーティションの番号を振る。一番最初なので「1」。
First cylinder (1-486, default 1): 1        #シリンダーの選択。デフォルトの「1」を選択。
Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-486, default 486): +       #特に指定がないので「+」を選択。
Using default value 486

Command (m for help): p                     #pコマンドで現在のパーティション情報を確認。

Disk /dev/sdc: 4003 MB, 4003463168 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 486 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x000e442d 

  Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               1         486     3903763+  83  Linux

Command (m for help): l                     #設定可能なパーティション・タイプを表示する。
0  Empty           16  Hidden FAT16    61  SpeedStor       a6  OpenBSD
1  FAT12           17  Hidden HPFS/NTF 63  GNU HURD or Sys a7  NeXTSTEP
2  XENIX root      18  AST Windows swa 64  Novell Netware  b7  BSDI fs
3  XENIX usr       24  NEC DOS         65  Novell Netware  b8  BSDI swap
4  FAT16 <32M      3c  PartitionMagic  70  DiskSecure Mult c1  DRDOS/sec (FAT-
5  Extended        40  Venix 80286     75  PC/IX           c4  DRDOS/sec (FAT-
6  FAT16           41  PPC PReP Boot   80  Old Minix       c6  DRDOS/sec (FAT-
7  HPFS/NTFS       42  SFS             81  Minix / old Lin c7  Syrinx
8  AIX             4d  QNX4.x          82  Linux swap      db  CP/M / CTOS / .
9  AIX bootable    4e  QNX4.x 2nd part 83  Linux           e1  DOS access
a  OS/2 Boot Manag 4f  QNX4.x 3rd part 84  OS/2 hidden C:  e3  DOS R/O
b  Win95 FAT32     50  OnTrack DM      85  Linux extended  e4  SpeedStor
c  Win95 FAT32 (LB 51  OnTrack DM6 Aux 86  NTFS volume set eb  BeOS fs
e  Win95 FAT16 (LB 52  CP/M            87  NTFS volume set f1  SpeedStor
f  Win95 Ext'd (LB 53  OnTrack DM6 Aux 93  Amoeba          f4  SpeedStor
10  OPUS            54  OnTrackDM6      94  Amoeba BBT      f2  DOS secondary
11  Hidden FAT12    55  EZ-Drive        a0  IBM Thinkpad hi fe  LANstep
12  Compaq diagnost 56  Golden Bow      a5  BSD/386         ff  BBT
14  Hidden FAT16 <3 5c  Priam Edisk

Command (m for help): t                 #パーティションのコードを変更する。(上記に表示された文字、数字を入力しても認識されないため)
Selected partition 1                    #最初に作成したパーティションが「1」なので「1」を入力。
Hex code (type L to list codes): 83      #Linux領域に設定。
Changed system type of partition 1 to 83 (Linux)

Command (m for help): p                 #pコマンドで現在のパーティション情報を確認。

Disk /dev/sdc: 4003 MB, 4003463168 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 486 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x000e442d

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               1         486     3903763+  83  Linux     #Linuxになっていることを確認。
 Command (m for help): w                #wコマンドで保存して終了。

ext3へフォーマットする

# mkfs.ext3 /dev/sdc1

mke2fs 1.41.1 (01-Sep-2008)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
244320 inodes, 975940 blocks
48797 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=1002438656
30 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8144 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736

Writing inode tables: done                            
Creating journal (16384 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 26 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

最後にフォーマットをしているので多少時間がかかるがそのまま放っておくだけで完了する。

増設したHDDをマウントし、ファイルシステムを確認する

# mount /dev/sdc1 /mnt/sdc #/mnt/sdcディレクトリを作成済みの前提

# df -T

Filesystem    Type   1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/sda2     ext3   151723100  35319760 108696160  25% /
udev         tmpfs     1280248        92   1280156   1% /dev
/dev/sdc1     ext3     3842376     73244   3573944   3% /mnt/sdc

/dev/sdc1 ext3 3842376 73244 3573944 3% /mnt/sdc 以上の様に認識されていれば問題無し。

LVM領域を作成

基本的にext3などを作成するのと同じ手順

[root@server ~]# fdisk /dev/hdb
 コマンド (m でヘルプ): n
 コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
 p                        # <= 基本パーティション
 領域番号 (1-4): 1        # <= 1個目の基本パーティション
 最初 シリンダ (1-44384, default 1): 
 Using default value 1
 終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-44384, default 44384): +10240M            # <= 10GBを指定

 コマンド (m でヘルプ): n
 コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
 p                        # <= 基本パーティション
 領域番号 (1-4): 2        # <= 2個目の基本パーティション
 最初 シリンダ (21166-44384, default 21166): 
 Using default value 21166
 終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (21166-44384,   default 44384): +            # <= 残りをすべて指定

  Using default value 44384
 コマンド (m でヘルプ): p        # <= 現在のパーティションを確認
 
 Disk /dev/hdb: 21.4 GB, 21474836480 bytes
 15 heads, 63 sectors/track, 44384 cylinders
 Units = シリンダ数 of 945 * 512 = 483840 bytes
 
 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
 /dev/hdb1               1       21165    10000431   83  Linux   # <= 
 /dev/hdb2           21166       44384    10970977+  83  Linux   # <= ともにデフォルトになっている
 コマンド (m でヘルプ): t        # <= パーティションIDを変更する
 領域番号 (1-4): 1               # <= 1番目の領域の変更
 16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 8e        # <= Linux LVM用ID
 領域のシステムタイプを 1 から 8e (Linux LVM) に変更しました
 
 コマンド (m でヘルプ): t        # <= パーティションIDを変更する
 領域番号 (1-4): 2               # <= 2番目の領域の変更
 16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 8e        # <= Linux LVM用ID
 領域のシステムタイプを 2 から 8e (Linux LVM) に変更しました

 コマンド (m でヘルプ): p        # <= 現在のパーティションを確認
 
 Disk /dev/hdb: 21.4 GB, 21474836480 bytes
 15 heads, 63 sectors/track, 44384 cylinders
 Units = シリンダ数 of 945 * 512 = 483840 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
 /dev/hdb1               1       21165    10000431   8e  Linux LVM   #
 /dev/hdb2           21166       44384    10970977+  8e  Linux LVM   # <= LVM用IDに変更されている。

 コマンド (m でヘルプ): w
 領域テーブルは交換されました!
[root@server ~]# ls /dev/hdb*
/dev/hdb  /dev/hdb1  /dev/hdb2

/dev/hdbに1、2のパーティションが作成されたことが分かる。

[root@server ~]# fdisk -l /dev/hdb

Disk /dev/hdb: 21.4 GB, 21474836480 bytes
15 heads, 63 sectors/track, 44384 cylinders
Units = シリンダ数 of 945 * 512 = 483840 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/hdb1               1       21165    10000431   8e  Linux LVM
/dev/hdb2           21166       44384    10970977+  8e  Linux LVM

fdisk -lで確認しても同じ結果になっている。

参考URL

http://saminnet.dip.jp/servercomputer/Lmemo/opt/fdisk.html
http://pantora.net/pages/linux/lvm/2/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-17 (木) 17:13:52 (648d)