Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

基本NICの設定

NIC設定編集

CentOS6

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
HWADDR=00:0C:29:F7:F9:C2
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
IPADDR=172.16.0.238
NETMASK=255.255.0.0

CentOS7

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1
中身はほぼ同じだと思って良い(かも)

TIPS:
ネットワーク設定
DEVICE      デバイス名
BOOTPROTO     static または dhcp
HWADDR      MACアドレス
ONBOOT      起動時のネットワーク状態
TYPE       ethernetの固定でOK?
IPADDR      固定のIPアドレスを指定
NETMASK      netmaskを指定


ネットワークの確認

CentOS6

# ifconfig -a
認識しているNIC全ての情報出力。-aを指定しない場合はONBOOTが有効になっているもののみ表示。

特定のeth情報が見たい場合は、

# ifconfig eth0
という感じで使う。

CentOS7

CentOS7からはifconfigコマンドがなくなってしまった。
どうやらipコマンドが生き残ったっぽい。
ipコマンドに代わりはない。

# ip a
すべてのNICが情報を表示。
特定のNIC情報が見たい場合は、

# ip a show eno1
 2: eno1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP qlen 1000
  link/ether 64:51:06:d8:df:e0 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
  inet 10.60.4.213/16 brd 10.60.255.255 scope global dynamic eno1
  valid_lft 67279sec preferred_lft 67279sec
  inet6 fe80::6651:6ff:fed8:dfe0/64 scope link
  valid_lft forever preferred_lft forever

デフォルトゲートウェイの設定

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=hage.hogehoge.com
GATEWAY=172.16.0.1

TIPS:
OSのバージョンやディストリによってデフォルトゲートの書かれている場所が異なることがあるが、
基本networkファイルに書いてあげるのが良いと思う。(個人的感想)

DNSの設定

# vi /etc/resolv.conf

search hage.hogehoge.com
nameserver 172.16.0.2
nameserver 172.16.0.3

TIPS:
searchの代わりにdomainも指定できる。
searchとdomainの違い

  • searchは複数のドメイン名を指定できる。不完全な名前でも補うことが出来る。
  • domainは固定のドメイン名のみを指定できる。

routingの追加

# vi /etc/sysconfig/static-routes
(ない場合は作成)

# cat /etc/sysconfig/static-routes
any net 192.168.2.0/24 gw 172.16.0.254
any net 192.168.3.0/24 gw 172.16.0.254
any host 192.168.1.1 gw 172.16.0.253

TIPS:
net - network指定
host - host指定


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:37:22 (644d)