Custom Search

Software-Raid_構築



meta

Software-Raidを使用するには 初期状態を確認し、実際にmeta情報を作成していく。
meta情報を作成するには、metaDBを作成し、DB上で管理するイメージになる。

ミラーリング準備

ここでの環境はc1t1d0とc1t1d0の物理的に2本のディスクでミラーリングを行う。
OSインストール初期の状態なので、作業の大きな流れは、
■c1t0d0(ディスク1本目)での作業
1:metaDBの作成
2:サブミラー作成
3:ミラーを作成する

■c1t1d0(ディスク2本目)での作業
1:ミブミラー作成
2:ミラーを作成する
3:ミラーリング



c1t0d0での作業(ディスク1本目)

metaDB領域の作成

初期状態でmetaDB領域をいきなり作成しようとすると以下のエラーが出る。

# metadb -a -f c1t0d0s4
metadb: solaris9.co.jp: c1t0d0s4: device size 0 is too small for metadevice database replica


metadbコマンドでmeta情報を管理するDBを作成しようとするが、その領域がないためエラーが出ている。
(コマンド内容は後述。)

formatコマンドで作成する。
(formatコマンドで表示される部分を必要なところ以外を省略)

# format
AVAILABLE DISK SELECTIONS:
       0. c1t0d0 <DEFAULT cyl 1955 alt 2 hd 255 sec 63>
          /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@0,0
       1. c1t1d0 <DEFAULT cyl 1956 alt 2 hd 255 sec 63>
          /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@1,0
Specify disk (enter its number): 0        ### <-ディスクを選択
format> p
format> p
Part      Tag    Flag     Cylinders        Size            Blocks
  0       root    wm      67 -   83      133.35MB    (17/0/0)     273105
  1        var    wm      84 -  214        1.00GB    (131/0/0)   2104515
  2     backup    wm       0 - 1954       14.98GB    (1955/0/0) 31407075
  3       swap    wu       1 -   66      517.72MB    (66/0/0)    1060290
  4 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  5 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  6        usr    wm     215 -  484        2.07GB    (270/0/0)   4337550
  7       home    wm     485 -  615        1.00GB    (131/0/0)   2104515
  8       boot    wu       0 -    0        7.84MB    (1/0/0)       16065
  9 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
partition>

と、なっているので、使用されていないスライスの4を選択。

###続き
partition> 4        ### <-4を選択
Part      Tag    Flag     Cylinders        Size            Blocks
  4 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0

Enter partition id tag[unassigned]:        ### <-そのままリターン
Enter partition permission flags[wm]:        ### <-そのままリターン
Enter new starting cyl[0]: 616        ### <-1954シリンダ中615シリンダまでを使用しているので616以上を選択
Enter partition size[0b, 0c, 616e, 0.00mb, 0.00gb]: 1c        ### <-metaDBは1シリンダあれば十分
partition> p
Current partition table (unnamed):
Total disk cylinders available: 1955 + 2 (reserved cylinders)

Part      Tag    Flag     Cylinders        Size            Blocks
  0       root    wm      67 -   83      133.35MB    (17/0/0)     273105
  1        var    wm      84 -  214        1.00GB    (131/0/0)   2104515
  2     backup    wm       0 - 1954       14.98GB    (1955/0/0) 31407075
  3       swap    wu       1 -   66      517.72MB    (66/0/0)    1060290
  4 unassigned    wm     616 -  616        7.84MB    (1/0/0)       16065
  5 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  6        usr    wm     215 -  484        2.07GB    (270/0/0)   4337550
  7       home    wm     485 -  615        1.00GB    (131/0/0)   2104515
  8       boot    wu       0 -    0        7.84MB    (1/0/0)       16065
  9 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0

partition>label
Ready to label disk, continue? yes
format> q
format> q

詳細は以下のURLにて確認。
http://download.oracle.com/docs/cd/E19455-01/806-2717/6jbtqlef6/index.html#disksconcepts-33752

metaDBに割り当てるシリンダ数は全体でいくら使用出来るのかを確認し、実際にいくつから始めるのか、は環境によって異なるので確認する。
指定する単位は「c」なので「1c」と入力する点だけ注意。

最後は「label」コマンドを入力し設定を保存する。
その後念のため、一度formatを抜け、再度formatコマンドで正しく設定が反映されているかを確認する。

サブミラー、ミラー作成

領域が出来上がったのでmetaDBを作成する。

# metadb -a -f c1t0d0s4
# metadb
        flags           first blk       block count
     a        u         16              8192            /dev/dsk/c1t0d0s4

オプションの簡単な説明

-fは「強制的に」の意味。

-aはc1t0d0s4にmetadbを取り付ける、と言う意味。
詳しくはmanを参照。

meta情報の作成

metaDBが出来上がったのでmeta情報を作成する。

1:サブミラー作成
まずは実際に行った作業。

# metainit -f d70 1 1 c1t0d0s7
d70: Concat/Stripe is setup
# metainit -f d60 1 1 c1t0d0s6
d60: Concat/Stripe is setup
# metainit -f d30 1 1 c1t0d0s3
d30: Concat/Stripe is setup
# metainit -f d10 1 1 c1t0d0s1
d10: Concat/Stripe is setup
# metainit -f d80 1 1 c1t0d0s0
d80: Concat/Stripe is setup

確認してみる。

# metastat -p
d80 1 1 c1t0d0s0
d10 1 1 c1t0d0s1
d30 1 1 c1t0d0s3
d60 1 1 c1t0d0s6
d70 1 1 c1t0d0s7

ここまでの情報は”meta情報を作った”というところまでの確認なのでまだ実際にミラーリングは出来ていない。

2:ミラーを作成する

# metainit d7 -m d70
d7: Mirror is setup
# metainit d6 -m d60
d6: Mirror is setup
# metainit d3 -m d30
d3: Mirror is setup
# metainit d1 -m d10
d1: Mirror is setup
# metainit d8 -m d80
d8: Mirror is setup

確認する。

# metastat -p
d8 -m d80 1
d80 1 1 c1t0d0s0
d1 -m d10 1
d10 1 1 c1t0d0s1
d3 -m d30 1
d30 1 1 c1t0d0s3
d6 -m d60 1
d60 1 1 c1t0d0s6
d7 -m d70 1
d70 1 1 c1t0d0s7

c1t1d0での作業(ディスク2本目)

metaDBの作成

metaDBを作成する。~
# metadb -a c1t1d0s4
metadb: solaris9-3: c1t1d0s4: device size 0 is too small for metadevice database replica

エラーが出た。これはc1t1d0のディスクは未フォーマットのため


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:40:41 (1453d)