Custom Search

Software-Raid_構築

まずはログインした状態でディスクが認識されているかを確認する。

bash-2.05# format
Searching for disks...done


AVAILABLE DISK SELECTIONS:
       0. c1t0d0 <DEFAULT cyl 1955 alt 2 hd 255 sec 63>
          /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@0,0
       1. c1t1d0 <DEFAULT cyl 1956 alt 2 hd 255 sec 63>
          /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@1,0
Specify disk (enter its number):



formatコマンドを使用するとどのようにディスクが認識されているかが確認できる。
(Linuxのfdiskに近いコマンド)
注意:formatコマンドは『Specify disk (enter its number):』の表示状態でexitやquit出来ないので、0か1を選択する。

ここで確認する重要なことは、ディスクを認識したデバイス情報は
「c1t0d0」、「c1t1d0」ということ。

formatコマンドをすすめ、パーティション情報を確認する。

Specify disk (enter its number): 0
selecting c1t0d0

format> p
--省略--

format> p
urrent partition table (original):
Total disk cylinders available: 1955 + 2 (reserved cylinders)

Part      Tag    Flag     Cylinders        Size            Blocks
  0       root    wm      67 -   83      133.35MB    (17/0/0)     273105
  1        var    wm      84 -  214        1.00GB    (131/0/0)   2104515
  2     backup    wm       0 - 1954       14.98GB    (1955/0/0) 31407075
  3       swap    wu       1 -   66      517.72MB    (66/0/0)    1060290
  4 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  5 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  6        usr    wm     215 -  484        2.07GB    (270/0/0)   4337550
  7       home    wm     485 -  615        1.00GB    (131/0/0)   2104515
  8       boot    wu       0 -    0        7.84MB    (1/0/0)       16065
  9 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0

上記のように「p」をエンターしていくと、パーティション情報が見える。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:40:17 (1090d)