Custom Search

Cisco

RSTP

STPはネットワーク機器の障害時に再計算が走り最低でも50秒かかってしまう。
これでも冗長化は出来ているがダウンタイムが長すぎるので、RSTPを使用する。
RSTPの問題点としてはIOSのバージョンが12.1以上であることが必須なため、古いスイッチだと実現不可能。

RSTPの設定

コンフィグレーションモードで、以下の設定を行なう。

トポロジ

sw4.jpg

SW1の設定(ルートブリッジ)
router#en
router(config)#spanning-tree mode rapid-pvst
router(config)#spanning-tree vlan 22 priority 0

SW2の設定
router#en
router(config)#spanning-tree mode rapid-pvst
router(config)#spanning-tree vlan 22 priority 4096

SW3の設定(ブロッキングポート)
router#en
router(config)#spanning-tree mode rapid-pvst
router(config)#spanning-tree vlan 22 priority 12288

上記のようにそれぞれトランクや、カスケードをしている状態で、どのケーブルを抜いても冗長化が取れていることが分かる。
ただし、RSTPを使用していても復旧までに30秒近くかかってしまったので調べたところ、1秒以内で復旧させる方法もあった。 以下、portfastについて説明。

portfast

rstp(rapid spanning tree protocol)とは、stpを高速化したもの。
stpとはループを防止するという目的や耐障害性(冗長化プロトコル)を向上させるためにも使われる。
障害発生時に障害経路を迂回できるように、わざとネットワークにループ構成となる部分を作っておき、通信を受け付けていなかったポートをオープンし通信を継続させる。
ただし、stpの機能ではネットワークの再構成の計算時間が最大50秒程度かかるため、これを高速化するためにrstpが開発された。

上記でrstpを構築しテストしてみたが、30秒程度時間がかかってしまった。
これだとダウンタイムが長すぎるので、色々と調べたところ、各端末(ネットワーク機器以外)が接続されるポートに
「portfast」という技術を使用すると約1秒以内での復旧が可能だと分かった。
portfastについて、詳しく説明してくれている人がいたので(最下部の参考URLから確認)一部抜粋。

PortFast相当の機能はRSTPを策定する際に機能のひとつとしてほぼ同様に実装されています。
RSTPにおいて、それはエッジポートと呼ばれます。PortFastと同様手動で設定します。

これを設定したポートは代表ポートなどのポート選出選出時に選出プロセスから除外され、
PortFastと同様に即座にフォワーディング状態になります。また、BPDUも送信しません。
エッジポートの設定が無いと、ホストの繋がるポートも選出プロセスに入りBPDUが送信されます。
勿論BPDUは受信されませんが、最大30秒、その状態は続きます。
BPDUの受信が30秒無いとタイムアウトとしてフォワーディング状態に変わりますが、
その30秒の間、ポートが確定しないことになります。
これではRSTPの意味がありませんので、必ずエッジポートの設定を行ってやる必要があります。

つまり、rstpのみでテストしたときに30秒近くかかっていたのは、障害が発生したタイミングでルートブリッジの選考が行なわれる。
その選考にBPDUを使用し、すべてのポートにBPUDを送信し反応が返ってくるのを待つ。これがタイムアウトする時間が約30秒。
逆に言えばLANスイッチが接続されているポートを指定しておけばすぐに反応が返ってくるため、経路復旧が早くなる。

その他

参考URL:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070222/262838/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060930/249523/
http://www.ccstudy.org/study/stp/rstp/rstp.html
http://xfreak.com/common/bbs/bbs_old/index.cgi?mode=view&no=1326


添付ファイル: filesw4.jpg 428件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-02 (日) 03:38:26 (2539d)