Custom Search

JITAKU_SVR_Wiki

前提

LVM関連

PV作成

PV(Physical Volume)は物理ボリュームのこと。
デバイス = PVと考えて良い。

ここでの作業の詳細は以下を参照。

作業

ここではsdbに対してPVを作成していくのでそれに則って。

作業詳細
Ⅰ.ディスクフォーマット
Ⅱ.PV作成



Ⅰ.ディスクフォーマット

sdb1を作成する。

# fdisk /dev/sdb(以下fdiskプロンプト)
Command (m for help): m # ← ヘルプ
Command (m for help): p # ← ディスクのパーティション情報表示
Disk /dev/sdb: 53.7 GB, 53687091200 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 51200 cylinders
Units = cylinders of 2048 * 512 = 1048576 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x76b4caa7

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System

この情報でこのディスクには何もパーティション情報がないことが分かる。


Command (m for help): n # ← 新しいパーティションを追加する
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p # ← プライマリパーティションを指定

Partition number (1-4): 1 # ← パーティションバンバー(sdb1とかのこと)
First cylinder (1-51200, default 1): # ← 何もないところからなのでそのままリターン
Using default value 1
Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-51200, default 51200):
Using default value 51200

Command (m for help): t # ← パーティションシステムを変更(Lで項目確認可能)
Hex code (type L to list codes): 8e

Command (m for help): p # ← 出来上がったかを確認する
Disk /dev/sdb: 53.7 GB, 53687091200 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 51200 cylinders
Units = cylinders of 2048 * 512 = 1048576 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x76b4caa7

 Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1       51200    52428784   8e  Linux LVM # ← Linux LVMを確認

Command (m for help): w # ← ディスクに書き込む
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

○ディスクパーティションを確認する

# fdisk -l /dev/sdb1
Disk /dev/sdb1: 53.7 GB, 53687074816 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 51199 cylinders
Units = cylinders of 2048 * 512 = 1048576 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/sdb1 doesn't contain a valid partition table

Ⅱ.PV作成

sdb1にPVを作成する。

# pvcreate -v /dev/sdb1
    Set up physical volume for "/dev/sdb1" with 104857568 available sectors
    Zeroing start of device /dev/sdb1
  Writing physical volume data to disk "/dev/sdb1"
  Physical volume "/dev/sdb1" successfully created

書式:pvcreate [オプション] [対象デバイス]

○PV情報を確認する

# pvdisplay /dev/sdb1
  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sdb1
  VG Name               
  PV Size               50.00 GiB / not usable 3.98 MiB
  Allocatable           no
  PE Size               0
  Total PE              0
  Free PE               0
  Allocated PE          0
  PV UUID               xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

pvdisplayで確認しておく箇所は、
(ほぼ全部なのだが…あくまでこの時点で)
・PV Name /dev/sdb1
→ PVを作成したデバイス

ここだけで良いと思う。

PV削除

必要のなくなったディスクを削除する。
PV削除前にはLV、VGを削除しておく。

使用しているPVを削除しようとすると、

# pvremove /dev/sdc1
 PV /dev/sdc1 belongs to Volume Group VolGroup03 so please use vgreduce first.
 (If you are certain you need pvremove, then confirm by using --force twice.)
という感じで怒られてしまうので注意。

LV削除、VG削除と一部かぶってしまうが、作業方法としては
例)sdc1に存在している"VolGroup03/LogVol00"を削除する
必ず確認すること

# lvdisplay /dev/VolGroup03/LogVol00
  --- Logical volume ---
  LV Name /dev/VolGroup03/LogVol00
  VG Name VolGroup03
  LV UUID xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  LV Write Access read/write
  LV Status available
  # open 1
  LV Size 10.00 GiB
  Current LE 2559
  Segments 1
  Allocation inherit
  Read ahead sectors auto
  - currently set to 256
  Block device 253:5

マウントしている状態であれば先にマウントを外しておく。
 # lvremove /dev/VolGroup03/LogVol00
  Can't remove open logical volume "LogVol00"
こんな風に怒られる。

# lvremove /dev/VolGroup03/LogVol00  Do you really want to remove active logical volume LogVol00? [y/n]: y
  Logical volume "LogVol00" successfully removed
削除前に警告が出るので"y"と入力する。

次にVGを削除する。
削除対象を必ず確認すること。

# vgdisplay VolGroup03
  --- Volume group ---
  VG Name VolGroup03
  System ID
  Format lvm2
  Metadata Areas 1
  Metadata Sequence No 3
  VG Access read/write
  VG Status resizable
  MAX LV 0
  Cur LV 0
  Open LV 0
  Max PV 0
  Cur PV 1
  Act PV 1
  VG Size 10.00 GiB
  PE Size 4.00 MiB
  Total PE 2559
  Alloc PE / Size 0 / 0
  Free PE / Size 2559 / 10.00 GiB
  VG UUID xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

これもVGを消さずPVを消そうとすると怒られるので注意。
 # pvremove /dev/sdc1
  PV /dev/sdc1 belongs to Volume Group VolGroup03 so please use vgreduce first.
  (If you are certain you need pvremove, then confirm by using --force twice.)

# vgremove VolGroup03
  Volume group "VolGroup03" successfully removed
ここでは渓谷が出ないので慎重に。

最後にPVを削除する。

# pvdisplay /dev/sdc1
  "/dev/sdc1" is a new physical volume of "10.00 GiB"
  --- NEW Physical volume ---
  PV Name /dev/sdc1
  VG Name
  PV Size 10.00 GiB
  Allocatable NO
  PE Size 0
  Total PE 0
  Free PE 0
  Allocated PE 0
  PV UUID xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

# pvremove /dev/sdc1
  Labels on physical volume "/dev/sdc1" successfully wiped
ここでも警告は表示されないので注意。

以上でPVの削除は完了。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-22 (火) 14:26:55 (697d)